Gerontology Business Review ジェロントロジー・ビジネス・レビュー

HOME > Report

Report

病院・施設向けリハビリナビゲーションシステム「デジタルミラー」の開発

医療・介護費の社会保障費の増加が見込まれる中、効果検証が可能で質の高いリハビリテーション・システムの提供が今後更に重要になってくる。パナソニックは、これを実現すべくデジタルミラーを活用したリハビリテーションシステムを開発した。これらの機器開発を通じてさまざまな生活シーンの価値向上を目指したい。
続きを読む

高齢者雇用政策の展望

生涯現役社会/エイジフリー社会の実現に向けて

これからの超高齢社会において、高齢者の就労問題はもはや個別の政策課題ではなくなった。“年齢に関わらず働きたい人が働ける社会”を実現できるかどうかは、社会保障財源、経済成長他、社会全般に多面的な影響をもたらす。これまでの高齢者雇用政策を振り返りつつ、今後の高齢者雇用政策に求められるポイントを概説する
続きを読む

高齢者市場開拓の視点

100兆円市場が求める商品サービスとは

自民党が政権復帰を果たし、今後の経済の建て直しに期待が寄せられている。デフレ脱却に向けた経済政策においては、高齢者が消費する市場を無視することはできない。高齢者市場規模の拡大見通しを確認するとともに、高齢者市場をどのような切り口で活性化させていくべきか、その私見を述べる。
続きを読む

超高齢社会に向けた花王のユニバーサルデザイン

超高齢社会を迎えてユニバーサルデザイン(UD)の重要性が高まってきています。高齢者にとって日常的に使う製品・サービスが分かりやすく、使いやすく、安全に安心して使え、日々の生活を何不自由なく過ごせることがとても大切であり、ソーシャルインクルージョンにつながるからです。本稿では花王におけるUDの取り組みとUDを応用したモノづくりの考え方を紹介いたします。
続きを読む

超高齢未来を創造するジェロントロジー

超高齢・長寿社会として世界の先頭を歩む日本は、世界に先駆けて高齢化に伴う様々な課題に直面すると同時に多くの飛躍の可能性を有している。安心で活力あるより豊かな超高齢未来の創造に向けていま「ジェロントロジー」に多くの期待が寄せられている。そのジェロントロジーの役割と期待について概説する。
続きを読む

超高齢社会の進展と商品戦略に関するー考察

現在、日本は世界が未経験の超高齢社会の入口に立っている。今後、さらに急速に進む高齢化、高齢者の増加は、企業に対しどのような商品戦略を新たに迫ることになるだろうか。また、高齢化の進展は既存商品の維持継続にどのような影響を及ぼすだろうか。過去、商品戦略、商品ブランド戦略に関しては、数多くの論考がなされている。しかし、高齢社会、高齢者の増加に係わる商品戦略のあり方についての論考は見かけない。そこで、本稿に於いては高齢社会における高齢者と商品ブランドの関係性について考察してみた。
続きを読む